サッカー

中澤佑二の娘がラクロスでロス五輪!?現在は大学で指導者、その年収は?

2019年に引退表明した中澤佑二さん
は厳しい練習でサッカー日本代表の
座を勝ち取り「ボンバー」の愛称で
親しまれた超一流選手です。

 

引退後の中澤佑二さんの現在は
サッカーのコーチ?監督?・・・
ではなく、ラクロスに夢中だそうで。

 

それには娘さんの影響もあるようなん
です。

 

今回は中澤佑二さんの娘や現在の
中澤佑二さんのラクロスの活動、

気になる年収について調べてみたいと
思います。

スポンサードリンク

中澤佑二のプロフィールは?


出典

中澤佑二プロフィール

【生年月日】
1978年2月25日

【出身地】
埼玉県吉川市

【出身校】
吉川東中学校⇒
県立三郷工業技術高校

【身長】187㎝

【体重】78㎏

【家族】
妻・摩耶
長女・こころ
次女・ねがい

【所属】
東京ヴェルディ(1999年~2001年)⇒
横浜Fマリノス(2002年~2018年)

【成績】
・Jリーグ最優秀選手賞1回(2004年)
・Jリーグベストイレブン6回

・日本年間最優秀選手賞1回(2004年)
・日本代表選手(1999年~2010年)

中澤佑二さんは埼玉県吉川市に生まれ
小学6年生になってサッカーを始めま
した。

 

一流の選手になるにはすこし遅い
スタートで、吉川中学でもサッカーを
していましたが上手くなれず止めよう
としていたそう。

 

そんな時父親から
「自分でやろうと言ったんだから、
ちゃんと最後までやれ」

と叱られたそうで、今になって感謝し
ています。

 

三郷高校でもサッカー部に、しかし
満足できず卒業するとすぐに本場の
ブラジルのクラブ・アメリカFCに
サッカー留学します。

 

就業ビザの発行の手違いで帰国した
中澤佑二さんは母校の三郷高校のサッ
カー部の在校生に交じって練習を行い、
Jリーグ入りを狙っていました。

 

1998年に東京ヴェルディユース
チームの練習試合に参加して得点し、

練習生契約をしてもらえましたが、
日本人離れした長身の守備、攻撃力を
認められプロ契約(年俸500万円)が
結ばれ、その年のJリーグの新人王に。

 

シドニー五輪のトルシエジャパンの
U23の日本代表に選出
されます。

 

その実力を買われ2002年横浜Fマリ
ノスに移籍し、
2003年~2004年の連覇に貢献。

 

特に2004年にはMVPに輝きます。

 

丈夫で長持ち、2013年大分トリニ
ータ戦から2018年名古屋グランパス戦
まで実に178試合連続出場の歴代1位
を記録しました。

 

中澤佑二さんはマルクス闘莉王選手と
鉄壁の守備の壁を作り、中村俊輔選手
遠藤保仁、本田圭佑選手などで
黄金時代を築きましたが、
2010年31歳で日本代表を辞退しまし
た。

 

その後もJリーグの横浜Fマリノスで
活躍を続けましたが、2018年左膝を
負傷。

翌2019年1月8日40歳で引退表明
行いました。 

スポンサードリンク

中澤佑二の娘はラクロスでロス五輪に出場!?

中澤佑二さんは現役時代からテレビ
出演も多く、マスコミと接点の多い
選手でしたが、私生活は公表しませ
んでした。

 

まだ20代の初めころに結婚された
ようですが、奥様の写真などは
非公開です。

 

ただお名前は「摩耶」さんといい、
一般人の方のようです。

 

きれいな女性だという噂ですが確認
できません。

 

また娘さんが2人、
長女が「こころ」さん、
次女は「ねがい」さんというお名前
のようです。

 

イケメンの父の娘だから美人だろうと
勝手に憶測しています。

 

女子ラクロス日本代表のメンバー表
に2人の名前があり、

日本大学高等学校出身で、現在は
日本体育大学のラクロス部所属
なっています。


出典

父のDNAを受継いだホープなので
しょう。

 

ラクロスという競技はあまり知られて
いない競技で、ラクロスは世界的にも
マイナースポーツのようですが、

プロリーグのあるアメリカでは競技者
は80万人もおり、まだ年々増えている
ようです。

 

日本での歴史は浅く、チームが初めて
結成されたのは1986年で、慶應義塾
大学のラクロス部とされています。

 

その後大学生のサークルや部活動とし
て全国に広がり、現在は社会人の
クラブチームも結成され、

毎年全日本選手権大会が開催されて
いますが、競技者は2万人という状況
です。

 

姉妹揃ってラクロス選手とは珍しい
ですね。

きっとなにか魅力があるのでしょう。  

 

2028年のロサンゼルス五輪で
ラクロスがオリンピック競技に
入ることが有力視されています。

 

その時の中澤佑二さんの2人の
娘さんの年齢は25歳と23歳
くらいでしょうか?

 

日本代表として出場するのに不可能
な年齢ではないので、
是非出場して活躍してほしいですね。

スポンサードリンク

中澤佑二の現在はラクロスの指導者!?

2019年1月40歳で引退した
中澤佑二さんは、サッカーのコーチを
するのかと思っていましたが、

自分の公式サイトで「取材・CM依頼・
イベント出演のオファー等はこちら!」
とPRしていますから、タレント業が
本命かもしれません。

 

実際にバラエティやニュース番組に
出演。

またサッカー番組のコメンテーター
や解説者としてもボンバーヘアーで
楽しそうに出演しています。

 

中澤佑二さんは現役時代から小学生を
対象に「NAKAZAWA SC」という
サッカースクールを運営しています。

 

練習は埼玉県吉川市総合体育館と
三郷市総合体育館で行い、周辺地域
でもイベントを開催し
未来のサッカー選手の育成に力を
入れています。

 

ただ、今の最大の関心は2人の娘さん
の成長とラクロス上達の手助けを
したいと考えているようです。

 

というのも2028年のロサンゼルス
五輪(ラクロスが盛んなアメリカ)
で正式種目になる可能性が高いから
です。

 

中澤佑二さんは娘さんのためにコーチ
をしたいのですが、プレーの経験が
ないため日本体育大学に毎日通って

技術以外のフィジカル面(練習方法、
コンディション作り、身体のケアや
食事法など)のアドバイザーとして
選手たちに伝えていました。

 

現在では、ラクロスの戦術的な部分も
少しは教えられるようになってきた
そうです。

 

中澤佑二さん曰く、サッカーには
優れた指導者やコーチが沢山いる。

なので自分はそこではなくラクロス
を選んだ、との事。

 

2028年のロス五輪も見据えて
いるそうで、ご本人の本気度は
かなり高いです。

中澤佑二の現在の年収は?

中澤佑二さんの選手時代の年収は
ブラジルに留学時代(1996年~7年)
300万円、400万円、

1998年東京ベルディ初年500万円、
1999年~2001年計3500万円

そして2002年横浜Fマリノスに移籍
初年3500万円、

2003年~2018年間の最高年俸は
2009年~2912年の1億2千万円。

 

引退の最終年2018年は4000万円
まで下がりました。

 

1996年から2018年の現役引退まで
22年間の年俸総額は13億6千万円
(平均年俸約6千万円)になります。

 

これらは日本代表として110試合出場
の手当てを除外している額になります
が、歴代のサッカー選手の中でも多い
方ではないでしょうか?

 

では現在はというと?

 

ラクロスのコーチ業は、ほぼボランティ
アと思われますが、バラエティ番組や
ニュースなどのテレビ出演、

雑誌の取材等、もしかしたら現役時代
よりも忙しいかもしれません。

 

▼書籍も出しています▼

これらは主にタレント業ということに
なりますので、選手時代とは比較には
ならないと思いますが

もしかしたら現在の年収は8桁、
そこまではいかなくてもそれなりの
金額にはなっているんじゃないで
しょうか?

 

▼香水のプロデュースもされています▼

 

そしてなにより、第二の人生ともいえ
るラクロス関連の仕事も増えています。

 

2019年12月1日にラクロスの大学
日本一を決定する
「第11回ラクロス全日本大学選手権
大会」の決勝戦の模様がCSテレ朝
チャンネル1で生中継され、

その際の女子決勝戦の解説を担当した
のが中澤佑二さんでした。

 

元サッカー選手の中澤佑二さんを通じ
てラクロスがもっと身近なスポーツと
して浸透していくといいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
ちゃいむ
ちゃいむ
超が付くほど運動音痴!!なのに体を動かすことは大好き!アスリートにめっちゃ憧れている、ないものねだりの元バドミントン部補欠女子。大好きなスポーツ選手やレジェンド、これから活躍してほしいなぁ~というアスリートの卵etcをもっともっと知りたくてChime@Naviを始めました。