俳優・女優

鳳蘭の孫は現在何人?娘も女優?夫との離婚理由は?再婚は?

元宝塚のトップスター
鳳蘭さん。

 

73歳といいますが
全然見えない…。

 

若い頃は華のある男役として
「宝塚歴代イケメンNO.1」
とも評される鳳蘭さん。

 

確かにテレビを見ていても
仕草がいちいちカッコイイ。


出典

2019年8月1日のテレビ朝日系
「徹子の部屋」に出演された際に

健康のために続けているという
スクワットを実演すると

黒柳徹子さんが
「アナタ、本当に男みたい」

もちろん、褒め言葉ですよね…。

 

退団後は美女の代表格として
活躍を続けてきた鳳蘭さん。

 

現在は2人の娘、そして孫もいる
おばあちゃんです。

 

今回は妻として、母親として、
そして祖母としての鳳蘭さん
を調べてみました。

スポンサードリンク

鳳蘭の孫は現在何人?

鳳蘭さんは5人の孫に
恵まれています。

女の子2人で男の子が3人。

 

初孫は6歳の女の子で
鳳蘭さんは

「宝塚に入れたい」

と熱望しています。

 

すでに体操、ピアノ、
チアリーディングを習わせるなど
英才教育もしていて。

鳳蘭さんのディナーショー
などでは、
ステージに呼ぶこともあるそう。

 

鳳蘭さんによると
注目されることには喜びを
感じている様子だとか。


出典

写真は鳳蘭さんの
宝塚音楽学校在学中のもの
ですが。

あと10年後くらいに
「鳳蘭の孫が宝塚入り!」
となるのでしょうかね。

 

鳳蘭さんも孫の成長を
見るために長生きしたい
とのことで。

10年後か…。

私も絶対に生きてます、
と言えない年齢になって
きたけど。

鳳蘭さんの孫が華やかな
舞台に立つ姿を
楽しみにしています。

鳳蘭の娘も女優?

鳳蘭さんは娘が2人います。

 

長女は由梨さんで
芸能界とは離れた生活を
しているようですが。

次女の荘田由紀さんは女優です。


出典

顔立ちハッキリ。

全てのパーツが主張して
いるのは、
お母さんそっくりですね。

 

2005年に文学座研究所に入所。

 

舞台を中心に活動を続け、
2012年に上演された
「ローマの休日」では

アン王女役を秋元才加さんと
ダブルキャストで競演。

高い評価を受けました。

 

鳳蘭さんは2人の娘にも
宝塚に入ってほしかった
ようですが。

「失敗した」そうで。

 

まあ、お母さんは
「ミスター宝塚」ですからね。

全く同じ道を進むのは
娘にとっては嫌だったのかなぁ。

 

鳳蘭さんはその分、
孫に夢を託しているようですが。

「でも、娘は『はいはい、
入れますよ。はいはい、
入れようね』って」

あまり乗り気じゃない?

 

芸能人は浮き沈みも激しいし、
子供や孫が後を継ぐことには

反対する人の方が多いようなので。

鳳蘭さんは心から
自分の仕事に誇りを持っている
様子がうかがえます。

スポンサードリンク

鳳蘭の夫との離婚理由は?再婚は?

鳳蘭さんは1980年に
幼馴染だった国人医師の
陳瑞東さんと結婚しました

しかし、1986年に離婚しています。

 

陳さんからは

「家庭を完璧
にしていたら仕事を
してもいい」

と言われていたそうですが。

 

鳳蘭さんの芸能活動は
多忙を極め、肝臓を悪くしたり
円形脱毛症になったりと。

両立は難しかったようです。

 

ちなみに2002年公開の
映画「ぼくんち」では

男をとっかえひっかえの
強烈「かあちゃん」役を熱演して
います。


出典

荘田由紀さんによると

「よくハグをしてくれた。
すれ違いの生活だったけど
愛情は感じていました」

とのことで。

現在も母娘の関係は
良好なのは何よりです。

 

鳳蘭さんはその後
再婚はしていません。

 

あふれるほどの美貌
の持ち主ですが
仕事人タイプのようですし。

家庭に入ってほしい、
という男性では難しいの
でしょうね。

鳳蘭のプロフィールと経歴

鳳蘭さんは1946年1月22日
兵庫県神戸市で生まれています。

 

ハーフのような顔立ちですが
父母は中国人で本名は
荘芝蘭(ツエン・ツーレイ)。

 

鳳蘭さんは「ツレちゃん」
愛称で親しまれていますが

由来は本名の「ツーレイ」
からだそう。

 

その後、日本国籍を取得して
現在の本名は荘田蘭です。

 

宝塚を一度も見たことがなく、
歌もダンスも未経験のまま

友人に誘われて宝塚音楽学校を
受験。

 

ダンスが未経験なのを知った
面接官がため息をつくと

鳳蘭さんは
「学校だから、入ってから
教えてくれるのでしょう?」
と言ったとか。

 

おお、カッコイイ。

 

面接官も「こんな面白い子はいない」
と満点を付けたらしく。

もちろん、最大の決め手は
稀に見る美貌だったそうですけどね。

 

学校ではずっと成績は
下級でしたが、

前向きに努力を重ねたという
鳳蘭さん。

 

1964年に宝塚歌劇団に入団。

翌65年に星組配属となってから
存在感を際立たせていきました。


出典

1970年に星組男役トップとなり、

「ベルサイユのばらⅢ」
「風と共に去りぬ」
「誰がために鐘は鳴る」

などで
ファンを熱狂させます。


出典

確かに…イケメンすぎる。

 

1979年まで10年間トップ
務めあげたのは
在任最長記録だそう。

 

退団後も

ミュージカルや
ストレートプレイ、
ディナーショー

などで
大活躍を続けてきました。

 

またミュージカルスクール
「鳳蘭レビューアカデミー」
を東京都の恵比寿に開講。


出典

将来のエンターテイナーを
目指す人々の指導にも
あたっています。

 

73歳となって
断捨離も意識しているという
鳳蘭さんですが。

全く年齢を感じさせない
立ち居振る舞いだし、

お孫さんの成長も
しっかり見届けられそうな
感じがします。

スポンサードリンク

さいごに

2019年早々、
鳳蘭さんに関して気になる報道が
ありました。

 

2018年11月に鳳蘭さんの
マナージャーが

鳳蘭さんの個人事務所の金銭を
私的流用したとして解雇
されていたとのこと。

 

マネージャーは俳優、
火野正平さんの内縁の妻。

 

鳳蘭さんは
「もう終わっている
ことなのでお話ししたく
ありません」

マネージャーは
「何も話せません。
私にもどうしてこんなことに
なったのかが分からない
くらいです」

火野正平さんは
「うちのかあちゃんは
絶対に横領なんて大それた
ことはしていない」

何がどうなっているのか。
さっぱりわかりませんが。

 

芸能事務所の金銭トラブルは
本当によく起こっている
印象なので。

動くお金も大きいので
しょうし、
よっぽど管理が難しいの
ですかね。

 

その後、問題が大きくなった
様子はないですけど。


出典

鳳蘭さんにはこれまで通り
エンターテインメントの道を
軽やかに歩み続けてほしいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。