マラソン

高橋尚子と小出監督の不仲説の出どころと結婚遠ざかった原因?現在の彼氏は?

東京オリンピックのマラソンコースが
東京ではなく札幌になるという話題で
巷はもちきりです。

 

オリンピック、マラソン、そして
金メダル、と言えば、多くの方が
思い起こすのは高橋尚子さん
ではないでしょうか。


出典

日本女子陸上界初の金メダリスト。

そして、国民栄誉賞も受賞。

 

今も精力的に活動されている
高橋尚子さんについて、
少しお話ししたいと思います。

スポンサードリンク

高橋尚子と小出監督の不仲説、出どころは?


出典

高橋尚子さんの話をするときに
避けて通れないのが故・小出義雄
さん
です。

 

マラソンに積極的でなかった
高橋尚子さんをマラソンに転向させ、

独自のトレーニングとレースチョイス
で短期間にして彼女に一流ランナー
への道筋をつくったのが小出義雄さん。

 

高橋尚子さんが大学を卒業後の進路に
悩んでいたとき、

小出義雄さんは陸上競技の強豪、
リクルートで監督をされていました。

 

大卒は採用しない方針のリクルート
陸上競技部において、

高橋尚子さんは契約社員の形で
入社
することに成功します。

 

小出義雄さんが高橋尚子さんの才能を
見抜き、その将来を嘱望したから
成立した話のようですね。

 

その小出義雄さんは、2019年4月、
なくなられています。

 

高橋尚子さんが小出義雄さんの指導
から離れ、自分のチームを立ち上げた
といういきさつがあるがために、

世間ではどうしても2人の不仲説
ささやかれます。


出典

不仲にしたいかのような空気さえ
感じますが、

不仲になるような根拠はそうないの
ですよね。

 

不仲の根拠になる話を探していると、
突っ込みどころ満載の小出義雄さん
の行動がたくさん出てきて、

不仲どころかむしろ微笑ましい
というのが私の感想でございます(笑)。

スポンサードリンク

高橋尚子の結婚が遠ざかったのは小出監督が原因!?

とは言うものの・・・
もしも私だったら、こんな監督とは
不仲になるかもしれないな、と思う
こぼれ話があります。

 

それは、高橋尚子さんの歴代の彼氏、
つまり結婚相手の候補だった方々
関する小出義雄さんの言動。

 

ここまで何人もの男性が高橋尚子
さんの周りに現れたそうですが、

その何人もに小出義雄さんが
NGを出してきたっていうんだから、
穏やかじゃないですよねえ。


出典

…まあ、小出義雄さんにも言い分
(というか信念)があって、

性格がだめなやつはだめ。
だからだめってことだったらしいです。

 

あなた高橋父ですかってくらい、
主観的かつ真っ直ぐ(笑)。

 

父親ならそれらが許されるかは
別としても、

高橋尚子さんを思っての言動でも、
高橋尚子さんご本人は、
納得できないこともあったのでは
ないかと思いますよ?(笑)

 

小出義雄さんの悪口を言っている
ようで後味が悪いので、

この話の終わりにフォローして
おきます。

野口みずきの今現在は?上海在住時期も。石神さんパワーでアテネでは金メダル!野口みずきさん。 言わずと知れた、 2004年のアテネオリンピック女子 マラソンの金メダリストです。 出典 前...

高橋尚子の現在の彼氏は?

ご結婚にこそ至っておられませんが
高橋尚子さん、オープンに交際
されている男性が現在いらっしゃいます。

 

お仕事のマネージャーさんでもあり、
長年同じチームでお仕事をされて
きた西村孔さんという方です。


出典

西村さんについては、
小出義雄さんは生前にOKを出して
いたそうです。

 

娘に結婚されるのがさみしくて
現実逃避する親父さんの戯言
よろしく
あれこれ文句をつけていた
わけではなく、

本当にそれぞれの男性を見極めて
NGを出していたいたのだという
こと、ですよね?(笑)

スポンサードリンク

高橋尚子のプロフィールと経歴


出典

今の高橋尚子さんのお話をして
きましたが、今さらながら、

高橋尚子さんはどんな方なのか、
僭越ながらおさらいしたいと思います。

高橋 尚子(たかはし なおこ、1972年5月6日 – )は、日本の元陸上競技選手(女子マラソン)。岐阜県岐阜市出身。血液型O型。2000年シドニーオリンピック金メダリスト。女子マラソンの元世界記録保持者。女子スポーツ界で初の国民栄誉賞を受賞。愛称は「Qちゃん」。現在はスポーツキャスター、マラソン解説者などで活躍している。

Wikipediaより引用

Qちゃんってみんな呼んで
ますが、実はその由来、
知らない方多くないですか?

私は、今調べるまで、知りませんでした。

 

リクルートの新歓行事で、ど派手な
格好でオバケのQ太郎を出し物
として披露
したことが由来だそうです。

 

一般的に想像がしにくいこの
新歓行事とか出し物ですが、

体育会系ではどんな競技の世界でも
ありがちな話です。

 

高橋尚子さんがどのようないきさつ
でオバケのQ太郎に至ったのか、
その情景さえ目に浮かびます。

 

こんな事情のQちゃんが、今に
至るまで高橋尚子さんの愛称に
なってしまうなんて…。

 

当時その場にいたリクルートの
皆さんも、
まさか思わなかったでしょうね。

 

さて、実業団でマラソンに転向する
まで、一流ランナーではありましたが、

よもやオリンピックで金メダルを
とるなどとは誰も思わなかったで
あろう戦績がこちら↓。

県立岐阜商業高校時代は800mの選手で県大会で岐阜県1位
全国インターハイでは予選で敗退
高校2年生の時に初めて岐阜県代表に選ばれて全国都道府県対抗女子駅伝に出場し、その時の区間順位は47人中45位

大阪学院大学時代は日本学生種目別選手権の1500mで優勝して全国で初タイトル獲得。
関西インカレでは800m、1500m、3000mの3種目で何度も優勝しているが、学生日本一を決める大会の日本インカレでは、学生チャンピオンになることはできなかった。

Wikipediaより引用、抜粋

そして、
小出監督の強い強い勧めで、
マラソン転向をしてからの戦績が
こちら。

1997年 大阪国際女子マラソン 7位 2時間31分32秒
1998年 名古屋国際女子マラソン 優勝 2時間25分48秒 日本最高記録(当時)
1998年 バンコク・アジア大会 優勝 2時間21分47秒 アジア最高記録
2000年 名古屋国際女子マラソン 優勝 2時間22分19秒 大会記録
2000年 シドニーオリンピック 優勝 2時間23分14秒 金メダル獲得
2001年 ベルリンマラソン 優勝 2時間19分46秒 世界最高記録(当時)
2002年 ベルリンマラソン 優勝 2時間21分49秒 マラソン6連覇(欠場除く)
2003年 東京国際女子マラソン 2位 2時間27分21秒
2005年 東京国際女子マラソン 優勝 2時間24分39秒
2006年 東京国際女子マラソン 3位 2時間31分22秒

Wikipediaより引用、抜粋

すごいですね。
3つの意味ですごいです。

 

1つは、
この短い時間でマラソン競技に
アジャストできた高橋尚子さん
ご本人のポテンシャルと努力がすごい。

 

もう1つは、この短い期間で、
高橋尚子さんをマラソンの高みに
連れていった小出監督の指導力と
先見性がすごい。

 

そして最後は、高橋尚子さんと
小出監督の相思相愛ぶりがすごい。

 

選手と指導者の関係は、ドライな
ものからウェットなものまで、幅広いです。

 

高橋尚子さんと小出監督の場合、
2人の楽天的な部分がシンクロして
前面に出て、

公への行動や発言にも現れていた
ので、その密度の高い関係性が
より一般に知られることになった
のだと思われます。

 

破天荒に見える小出監督の指導理論
には、独自の視点からの緻密な
裏付けがあり、

高橋尚子さんもそれをきちんと
理解していたということなので、

その関係は決して盲目的なものでは
なかった
ようですね。

 

高橋尚子さんが、小出監督の指導に
疑いを挟まず全身全霊で食らいつき、
真摯に努力したこと。

 

また、その指導についていける
フィジカルの強さがご本人にあったこと。

 

これが、短期間にして金メダルに
至ったポイントかもしれません。

スポンサードリンク

さいごに

現在の高橋尚子さんの活動は
多岐にわたります。

 

JICAなどともつながりがあり、
人道的活動もされています。

 

また、選手としての実績から
つながる陸連のお仕事。

 

選手経験をフルに生かした
スポーツキャスター、解説のお仕事。

実に多彩です。

 

それらは、彼女の華々しい実績
からくるものでもありますが、

より大きいのは、人なつっこい
開放的な性格に寄るところが
大きいように思います。


出典

週刊誌も含めたマスコミから、
ときに意地悪な質問をされたり、

失礼なもの言いをされても、
高橋尚子さんが不機嫌な顔をした
ところを見たことがありません。

もっと怒ってもいいこと
言われてるのに!!

なんて、見ているこちらが怒りたく
なるようなこともしばしばです。

 

感情を表に出さないというわけ
ではなく、

基本的に人当たりがよくマイナスな
ことを言わない性格
なんでしょうね。

 

人生を切り開くに当たり、
とても大事なことのようです。

 

敵をつくらない、ポジティブシンキング。

私も見習いたいです。

 

秋も深まり、マラソンのシーズン。

 

高橋尚子さん、毎週末のように、
各地のマラソン大会にゲスト
ランナー
に請われています。

相変わらずの人気ぶりです。

 

そしていまだに実際走って見せて
くれる
ところが、
彼女のすごいところです。

 

東京オリンピックも目の前。

高橋尚子さんのご活躍を目にする
機会も増えそうです。

 

改めて、
これからの高橋尚子さんの多方面
でのご活躍、期待したいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。