総合格闘技、K-1

武尊と那須川天心の対戦は実現する?逃げてるの?どっちが強い?

武尊(たける)とマギーの破局理由は浮気?現在彼女は?足利美弥との噂は?
からの続き。

 

K-1ファイターの武尊さんと、
RISEで活躍する那須川天心さん
格闘界の二大スーパースターと
言われています。

 

ただ、ファンが熱望している二人の
対戦はまだ実現していません。

 

これまでの経緯を見ると当人たちは
対戦を望んでいるように見えますが。

 

所属団体の違いなど、大人の事情も
からんでいそうです。

 

今、油の乗っている二人が同じリング
に上がれば格闘界が大いに盛り上がる
のは間違いありません。

 

夢の対決がなんとか実現する手立ては
ないのでしょうかね。
スポンサードリンク

武尊(たける)VS那須川天心は実現する?

武尊さんと那須川天心さん。

所属団体の違う格闘界の
スーパースター2人は、その無敵ぶり
を発揮し続けるともに。

ファンや関係者の間では2人の対戦を
望む声が強くなっていきます。

 

2017年には人気総合格闘家の
高田延彦さんも

「キック界の二人のスーパースター
武尊VS天心は今しかない!
みんなの声で動かそうぜ!」

などと、ツイッターでつぶやきました。

 

しかし、高田延彦さんはその後、

「K-1所属選手のマッチメークに
関して軽率な発言を行ってしまい
ました。

これによりK-1関係者の皆様と
武尊選手にご迷惑をお掛けしたこと、

またファンの皆さまに要らぬ期待感を
煽ってしまったことを深くお詫び申し
上げます」

と謝罪。

 

これだけでも、この世界は所属団体の
壁が相当に厚い
という印象を受けます。

 

それでも当人たちはファンが対戦を
望んでいることを十分に意識して
いるようです。

 

当初、那須川天心さんから熱心に
ラブコールが送られた時期があり
まして。


出典

2017年の大晦日の試合ではリングの
上で武尊さんと対戦したい思いを
ファンにアピールするなどもしていま
したが。

 

K-1の運営会社は他団体の興行に
対する不当な介入、

営業妨害だとして、那須川天心さんら
RIZIN側を民事訴訟で訴えた
こと
が2018年に報道されています。

 

K-1、RISEの両巨頭が戦うと、
敗れた方の団体は、一瞬その存在価値が
下がってしまうリスクは確かにありそう
ですけど。

 

特に多くのファンやスポンサーを
抱えるK-1の方が、そういう事態を
恐れているという見方が訴訟問題に
よって広がり。

一部のファンからは逃げている、
という捉えられ方にもなったようです。

 

それでも、その後は武尊さんが
那須川天心さんの思いを吐露する
機会が増え、2019年にも

「天心選手から対戦したいというのを
長年言われてきて、もちろん僕もやり
たいですし、そのためにずっと動いて
います」とコメント。

 

しかし、那須川天心さんは
訴訟問題などで萎えてしまったのか

「もう交わる確率はないと思う。
今はそこまでやりたいと思っていない」

と気のない発言をするようになります。

 

なかなか、2人を取り巻く環境が
かみ合わないのは気になるところ
ですが。

 

ファンが望みをつないだのは2020年
3月22日に埼玉でコロナ禍の中、
強行開催されたK-1の大会です。

 

武尊さんは会場で

「格闘技サイコー!」

とマイクパフォーマンスしていますが。


出典

那須川天心さんは23日未明に
ツイッターを更新し

「格闘技は誰がなんと言おうが
素晴らしいんだよ」

とツイート。

 

格闘技を盛り上げたい、という
2人の共通の思いは一緒のはず。

 

コロナ禍で先行きも不透明な中、
業界の結束が求められる場面も
増えそうですし、

夢の対決へ周囲が動く可能性は
あるかもしれませんね。
スポンサードリンク

武尊(たける)の経歴

2人の王者のプロフィールを
おさらいしておきます。

まずは武尊さんから。


出典

武尊プロフィール

【生年月日】1991年7月29日

【通称】
ナチュラルボーンクラッシャー
K-1のカリスマ

【出身地】鳥取県米子市

【身長】168センチ

【血液型】AB

【タイトル】
◎第4代K-1WORLD
GPスーパー・フェザー級王者
◎初代K-1 WORLD
GPフェザー級王者
◎初代K-1 WORLD
GPスーパー・バンタム級王者
◎初代Krushフェザー級王者

【戦績】40戦 39勝(23KO)1敗

武尊さんは2000年で29歳となり
ます。

 

7歳年下の那須川天心さんは
まだまだ最強時代を持続できそう
ですが。

2021年には30歳となる武尊さんに
とっては、那須川天心さんと全盛の
状態で対決するにはもうそれほど
猶予はないような気もします。

那須川天心の経歴

続いて那須川天心さんの
プロフィールです。


出典

那須川天心プロフィール

【生年月日】1998年8月18日

【通称】神童

【出身地】千葉県

【身長】165センチ

【血液型】B

【タイトル】
◎RISE WORLD
SERIES2019 -58kg級王者
◎初代RISE世界フェザー級王者
◎第6代RISEバンタム級王者
◎RISIN
KICKワンナイトトーナメント
(57キロ)2017優勝
◎ISKAオリエンタル世界バンタム級王者
◎ISKAフリースタイル世界フェザー級王者

【戦績】39戦 39勝(30KO)0敗

プロフィールを見てみると武尊さんと
那須川天心さんは大きな体格差が
ありませんね。

 

お互いに適性体重でパフォーマンスを
発揮できそうというのも、

どちらが最強なのか、決着を望まれる
理由のひとつと言えそうです。
スポンサードリンク

武尊(たける)は那須川天心から逃げてる?

前述しましたが、K-1側が訴訟を
起こしたことなどからのイメージも
あり。

当人の武尊さんが那須川天心さん
から「逃げてる?」などという
見方をされることもあったようです。

 

それでもイケメンで知られる人気
格闘家の平本蓮さんが

「(天心とは)友人だし、彼(武尊)
とは戦友だったからわかるけど、
両者やりたいに決まってます」

とコメントしているように。

 

アスリートの本能としては
自分よりも強いと言われるような
相手が現れたら、対戦したくなるのは
当然でしょう。


出典

武尊さんは
「団体の壁とかいろいろある。
ファンを裏切る事になるので曖昧な
回答はできない」

と2人の対戦について語ったことも
あり。

 

K-1という大看板を背負っている分、
感情のままには発言できない辛さも
あるのでしょうかね。

武尊(たける)と 那須川天心はどっちが強い?

ネットでは2人の強者の対戦が実現
したら、どっちが勝つのかという
話題で盛り上がっているのも
見かけますが。

ファンの間では那須川天心さんの方に、
やや分があるという見方が多い
ようで
す。

その根拠として

「攻撃が多彩なので対戦相手や
試合状況に左右されない」

「パワーは武尊だが、技術やセンスは
天心の方が圧倒的に上」

ということだそうで。

 

それでも、専門家の間では武尊さんを
推す声も多く
ありまして。

 

4団体で世界王者に輝いた経歴を持つ
元キックボクサーの佐藤嘉洋さんは
こう話しています。

 

「10回やったら3回勝って7回
負ける、というような試合でも、

武尊選手はそれを初回に持ってくる
運を持っています。天性の武運がある
彼の勝利を予想します」


出典

そして「格闘技絶対王者列伝」
(宝島社)などの著作を持つ
スポーツライターの布施鋼治さんは
こんな見方をしています。

「武尊と那須川天心、どちらが
勝ったとしても、ふたりとも笑顔で
ハグできるような爽やかさを持って
いる」

 

両者が力を尽くして戦い、遺恨を残す
ことなく決着が付く試合内容なら

国内に格闘技人気が高まる可能性も
十分でしょう。

 

負けた方の所属団体が一方的に
デメリットを被る、という考え方は
あたらないような気もするのですがね。

 

武尊(たける) の年収は?愛車はベンツから乗り換え?自宅や私服は?
に続く。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
テツヤ
テツヤ
テツヤといいます。 北海道在住のライターです。 珠算の有段者というのが唯一の自慢。 でもお金の管理が苦手で 妻に「意味がない特技」と言われてます…。