体操

谷川兄弟(体操)の子役時代、うたばん、そして嵐?翔と航の兄弟仲と両親は?

第32回オリンピック(以降五輪)が
2020年7月24日から8月9日までの
16日間東京の新国立競技場で

”徳仁天皇”の開会宣言により開催され
ます。

 

メダル争いはアメリカ、ロシア、中国
などの大国が圧倒してきましたが、
日本も健闘しています。

 

また観客やテレビの人気競技は陸上、
水泳などスポーツの王道が上位に
なっていますが、

意外なことに体操が上位に来てい
ます。

 

体操王国日本は今までに多くの名選手
を生みました。

 

2008年以降は内村航平という天才が
世界の体操界を牛耳ってきましたが、

ここ数年勤続疲労で怪我も多く
全日本選手権11連覇も不発となり、

新しいヒーローの登場に期待を寄せ
ています。

 

そのニューヒーローはゆかの天才
白井健三選手や内村選手の11連覇を
阻止した谷川翔と、2016年に跳馬
で優勝した谷川航の兄弟選手、

そして2019年の世界選手権で溌溂
と演技をした新星・橋本大輝選手
たちです。

橋本大輝(体操)の身長は?筋肉が凄い!?兄弟と両親そしてその実力は?体操競技は1896年4月、 第1回アテネオリンピックで、 ギリシャ、ドイツ、フランス、 ハンガリー、スイスの5カ国18選手 ...

今までの五輪にも多くの兄弟選手が
出ていますが、

今回は体操の兄の谷川航(わたる)
選手、弟の谷川翔(かける)選手を
ご紹介しましょう!

スポンサードリンク

谷川兄弟(体操)とは?

2018年4月29日の全日本選手権で
内村航平選手の11連覇をストップ
したのが谷川翔選手。

 

19.2歳の最年少優勝のおまけ付き
です。

 

翔さんには2歳上の航さんという
体操競技の実力派のお兄さんが
います。

 

二人は千葉県船橋市に生まれ、教育
熱心なお父さんの勧めで小学校に
入学と同時に健伸スポーツクラブの
体操コースで、

倉島貴司コーチの指導の下に本格的
に練習を始めました。

 

谷川航さんの特徴は筋力が強く、
瞬発力も高いため跳馬で大技をこなし、
つり輪も得意としています。

 

一方翔さんは股関節の柔軟性が優れ、
美しい開脚旋回を得意としています。

 

以前から日本選手の弱点種目だった
あん馬を得意とする数少ない人材です。

 

小・中学時代に通った健伸スポーツ
クラブでの練習での倉島コーチの
指導方針は、

1に着地 2に多くの技を詰め込む
ことでした。

 

そして”着地王子”「航」と
”業師”「翔」が生まれたのです。

 

二人ともそろって船橋高校から
順天堂大学に進学し、

谷川航選手は高3年の時に高校総体
の個人総合で白井健三選手を抑えて
優勝。

 

2016年の全日本体操種目別選手権
では得意の跳馬で優勝。

 

一方翔選手は高校時代は腰痛に
悩まされましたが、

高3の時に全日本選手権で10位に
入り、その後全日本ジュニアを
制しました。

 

2018年には全日本選手権に優勝し
内村航平選手の11連覇を阻止。

 

続くNHK杯に個人総合優勝、
翌2019年にも全日本を2連覇しまし
た。

 

兄の航選手も弟の翔選手に負けない
優秀な選手で、
得意種目は跳馬ですが、ゆかや平行棒
などでも入賞しており、

オールラウンダーとして活躍できる選手
です。

 

体操競技はリオデジャネイロ五輪まで
は団体は5人出場できましたが、
東京からは4人に減少。

 

そのために代表選手は今までよりも
厳選されるようになりました。

 

メダル獲得には団体・個人・種目別
の中で焦点を絞る戦略が難しくなっ
たのです。

 

男子では、ゆか・鉄棒・跳馬・あん馬
吊輪・平行棒の6種目がありますが、

内村航平選手のようにすべての種目
に高レベルなオールラウンダーと

白井健三選手のようにゆかと跳馬に
傑出した選手に分かれます。

 

いまや内村航平選手が君臨していた
時代は去り、
2019年の世界選手権の時、主力選手
の欠場に登場した若きオールラウンダ
ー・橋本大輝選手(17歳)に注目が
集まっています。

 

谷川航・翔の兄弟選手の東京五輪
出場の可能性は今後の活躍次第と
いうことですね。

スポンサードリンク

谷川兄弟(体操)のプロフィール


出典<左:航さん  右:翔さん>

谷川兄(航)のプロフィール

【谷川兄】
谷川航(わたる)

【生年月日】
1996年7月23日

【身長】160㎝

【体重】53㎏

【出身地】
千葉県船橋市

【得意種目】
跳馬

【成績】
2017年全日本ゆか・跳馬2位

 

ここにボックスタイトルを入力

【谷川弟】
谷川翔(かける)

【生年月日】
1999年2月15日

【身長】153㎝

【体重】52㎏

【出身地】
千葉県船橋市

【得意種目】
ゆか・あん馬

【成績】
2018年全日本優勝

谷川翔・航(体操)の子役時代って?

谷川兄弟のお父さんは5~6歳のころ
からいくつもの習い事を体験させて
いたようです。

 

スイミングスクール、和太鼓教室、
そして俳優のショー・コスギが主宰
していたアクションスクールなどで、

それを練習や稽古と言わず”習い事”
と言っていることがすごいですね。

 

兄弟もそれを楽しんでいたのでしょう。

 

特に谷川翔さんは明るく積極的な
イケメンで、子役として時代劇の
オーディションを受け出演していた
ことがあります。

 

アクションスクールの習い事の成果
ですね!


出典

子役出演とは、2007年に放送されて
いた村上弘明主演のNHKの人気時代
劇「柳生十兵衛七番勝負・最後の闘い」
という番組で、十兵衛の幼少時代を
演じたのです。

 

外交的な翔さんはメディアも使いやす
かったのですね。

 

CMにも起用されたということですが、
それはないようです。

 


出典

ただ上の画像のように忍者の恰好を
して宙に舞う場面のスタントマンに
使われ、
顔は他の子役と入れ替えたようですが、
翔さんのほうが可愛かったのでは(笑)!

スポンサードリンク

谷川翔・航(体操)が”うたばん”で「嵐」と「ランドセル」

優秀なアスリートが引退後に
タレントに転向した人は、体操でも
池谷幸雄さんや森末慎二さん等が
いますが、

反対にタレントを経験したあとに優秀
なアスリートになる人はめったにいま
せん。

 

その珍しいことをやってのけたのが、
体操界のホープ「谷川兄弟」です。

 

翔さん6歳、航さん9歳の時、
TBSの人気音楽トーク番組
「うたばん」に”うたうチルドレン
として出演していたのです。

 

「うたばん」は1996年から2010年
まで続いた長寿番組で、

とんねるずの石橋貴明さんとSMAP
の中井正広さんが司会をしていました。

 

子役の谷川兄弟がゲストと体操で対決
するコーナーがあり、

ある時ジャニーズの「修二と彰」や
「嵐」の前でランドセルを背負って
バク転をして見せたのです。


出典

 あどけない二人の鮮やかな演技には
「嵐」のメンバーも驚いたことで
しょう。

 

翔&航のコンビは父親に導かれた
習い事からショーマンとして脇道?
で多くの人を楽しませながら、

その後本来のアスリートの道へ進んだ
のです。

 

誘惑の多いタレントの世界から軌道
修正できたのは奇跡的かも?

谷川翔・航(体操)の兄弟の仲

ご両親は3つ違いの谷川兄弟二人に
わざと同じ道を歩ませたのでしょうね。

 

スポーツクラブや和太鼓にアクション
クラブなど和洋取り混ぜた習い事で
二人は大きく成長していきました。

 

兄の航さんは順天堂大学を卒業して
現在はセントラルスポーツに所属
して活躍しています。

 

2018年には世界体操の団体戦に出場。

銅メダル獲得の原動力になりましたが
同学年の白井健三選手がいるため
あまり目立たないのが残念です。

 

弟の翔さんは順天堂大学のエース選手
として活躍が際立っています。

 

何といってもあの内村航平選手の
11連覇をストップした選手として
一躍有名になりましたが、

少年時代から兄とタレント活動を
しても天性の明るさから脚光を浴びた
のは翔さんでした。

 

体操競技でも先輩の兄・航さんが
1歩前を歩いていましたが、

後を追う弟・翔さんがその影を捉えて
追い越そうとしています。


出典

谷川兄弟というとよくエピソードに
出るのが”スプーン事件”です。

 

タレント活動していた小学3年と
1年の時のようです。

 

喧嘩をして兄に家の中を追いかけ
回された弟が、スプーンで兄の頭を
たたき逆襲に出て頭が腫れた事件?
です。

 

あれから10数年、未だに話題になっ
ているのは、その後は仲違いもない
という証明ですね。

 

ライバル同士であってもアドバイス
もしあう、陰と陽であっても仲の
良い兄弟なんです。

 

2020年の東京五輪に兄弟揃って
出られることを夢に見ながら協力
しあう羨ましい兄弟のようですね!!

スポンサードリンク

谷川兄弟(体操)の両親も体操選手だった?

困ったことに優秀なアスリートを
育てられたご両親についての情報が
あまりないのです。

 

父親の名前は谷川昭二さんで多分
年齢は55歳前後と思われますが、

母親は名前もその他の詳報も不明です。

 

両親が体操競技に熱心なので体操を
やっていた方かと考えましたが、
どうやらその経験はないようです。

 

お父さんの二人の子育て(教育方針)
には独自の思いがあったようで、

「好きなことは何でもやらせる、
しかも金に糸目をつけない」
というものです。

 

そして習い事と称したいろいろな
幼児教育、さらに大学までの教育費
など本当に金に糸目をつけていません。

 

それを見ると職業は不明ながら、
経済的には豊かな方だったのでは
と思います。

 

お母さんも子供たち優先の温かい
家庭作りをされたようで、

その支えがあったからこそ航・翔さん
兄弟が二人揃って世界で活躍が
できるようになったのしょう。

 

お父さんの”何でもやらせる”に対して
お母さんは”ほめて育てる”だった
ようです。

 

失敗してもほめてくれる母親がいる。
きっと兄弟は居心地の良い少年時代を
送ったことでしょう。

 

10歳に満たない子供にスタントマン
やタレントの仕事を許してくれる
親にはめったにお目にかかれません。

 

さあ、今度は兄弟揃って東京五輪に
出る
ことが、なによりの恩返しです!!