球技

高橋由伸がヤクルトや西武だったら?父親の借金60億円に巨人が裏金を!?

巨人の元監督、選手でスター街道を
歩んできた高橋由伸さんですが、

プロ入りの時の意中球団は
巨人ではなくヤクルトだった
そうです。

 

当時のドラフトには逆指名制度が
あり、高橋由伸さん獲得には

西武と合わせて3球団が動いて
いたようですが。


出典

仮に高橋由伸さんがヤクルトや
西武に入団していたら、どんな
野球人生になっていたのでしょうか。

 

また、濃厚と言われたヤクルト
入りが覆った理由も噂によると
深いワケが…?

スポンサードリンク

高橋由伸がヤクルトや西武だったら?

高橋由伸さんは1997年、
慶応大4年の時ドラフトの
目玉選手として注目を集めていました。

 

当時は大学生、社会人選手は
1球団につき2人まで選手が
希望球団を事前に宣言できる
逆指名制度があり、

選手が宣言した時点でドラフト
を前に事実上入団が決まります。

 

高橋由伸さんの獲得へ巨人、
ヤクルト、西武の3球団

熱心に動いていたそうですが

報道ではヤクルトが圧倒的優位
に立っているようでした。

 

その年の6月ごろには当時
ヤクルトで右翼を守っていた
稲葉篤紀さんが突然
一塁手の練習を始めます。

 

高橋由伸さんも右翼手。

これは翌年を見据えて?
高橋由伸さんのためにポジション
を空ける準備をしていたという
話もあるくらい。

 

また、
巨人中心の報道で知られる
報知新聞ですらもヤクルト有利と
伝えていました。

 

しかし1997年11月4日。

高橋由伸さんが宣言した球団は
巨人。


出典

ファンにとっては まさかまさか
のどんでん返しでした。

 

高橋由伸さんはプロ初年度から
レギュラーとして大活躍。

打率3割もマークしました。

 

ヤクルトや西武。
特にヤクルトファンは地団駄を
踏んだのではないでしょうか。

 

高橋由伸さんがもしヤクルト
に入団していたら、

1998年のヤクルトは4位に
終わり、
ノムさんこと野村克也監督は
辞任していますが

高橋由伸さんがいれば3位以内
のAクラスには入っていたかもしれず。

野村克也監督も辞任しなかったかも。

 

西暦が2000年代に入ってから
ヤクルトがセリーグで優勝した
のは2回ですが、

高橋由伸さんがいたら
もっと増えている可能性も
ありますよね。

スポンサードリンク

結婚相手も違ってたかも?

また高橋由伸さんは
日本テレビの女子アナウンサー
だった小野寺麻衣さんと
結婚していますが。


出典

ヤクルトの選手だったら
フジテレビの女子アナと
結婚していたかも
なんて
想像もしてしまいます。

 

西武はもともと入団の
可能性は少なかったようですが

もし西武の選手だったら
同時期には松坂大輔、
松井稼頭央選手がいます。

 

両選手はその後、米大リーグへ
行きましたが、

もしかすると高橋由伸さんも
刺激を受けてメジャーに行って
いたかもなんて。

妄想しすぎでしょうか。

高橋由伸の巨人入りは父親が説得?

高橋由伸さんの
父親は重衛さんという名前で

不動産業の経営者だそうです。

 

ヤクルトと相思相愛関係
にあった高橋由伸さんですが。

それを翻して
巨人入りを決めました。

 

1997年11月4日の逆指名会見
前夜に
高橋一家は千葉県内の家で家族会議
を開き、最終結論について話し合い
ましたが

自宅前で待機していた報道陣の話
によると会議は約8時間、

深夜3時ごろまで続いていたそうです。

 

ヤクルト逆指名の確認なら、
会議を開くまでもなさそう
ですが。

 

やっぱり何かモメていたのでしょう。

 

それは重衛さんが

「家のために巨人に行ってくれ」

と渋る息子を説得し続けて
いたという説があります。

 

「家のために」とは
どういうことなんでしょう。

スポンサードリンク

高橋由伸の父親は借金60億?

高橋由伸さんがプロ入りして
時が経ち、

2004年の週刊文春にヤクルトの
元スカウト、片岡宏雄さんが
週刊文春で衝撃の告白
をします。


出典

「高橋由伸は六十億円で
巨人に強奪された」

ドラフト当時、高橋由伸さんの
父、重衛さんが経営する
不動産会社は土地が焦げ付き
火の車だったようで。

 

当時ヤクルトが内情を独自に
調べると

「何千だか何万だかと
いう坪数で、坪単価を
調べて掛け合わせると、
驚くべきことに60億」

 

借金60億円…!?

 

逆指名会見といえば、だいたい
選手は満面の笑顔で質疑応答
している印象ですが、

高橋由伸さんの場合は苦渋に
満ちた表情が目立ちました。

 

会見では巨人を選んだ理由を

「自分の力を試すことができる、
また、いちばん生かせるんじゃ
ないかという自分の判断」

と言ってますけど。

 

家族のために自分の進みたかった
道をあきらめということなので
しょうか。

スポンサードリンク

高橋由伸に巨人が裏金?

2012年に朝日新聞が
巨人が1997~2004年にかけて
球界で申し合わせている

新人の契約金の最高標準額
(1億円プラス出来高5000万円)
を超える契約を多数の選手と
結んでいたと報じました。


出典

高橋由伸さんの契約金は
6億5000万円だったとか。

 

最高標準額の超過、
いわゆる契約金の裏金に
明確な罰則がないからでしょうが

この手の話は横浜(現DeNA)や
西武でも問題になったことがあります。

 

片岡宏雄元スカウトの告白を
見ると

「あとから聞いた話だが、
巨人は由伸の親父さん
を攻めていた。
長嶋さんが直接、電話を
掛けたりしていたという」

「(当時の慶応大学の)監督が
言ったのだ『実は由伸の親父の
ほうで土地が焦げついてて、
それをクリアしてくれるところ
はないですかね』

 

巨人が裏金で強奪した、という
話もゴシップではなさそうな
気がしてきます。

 

これは別の週刊誌にスポーツ紙
デスクの話として載っていましたけど

巨人は父親に読売グループの
仕事を発注するという名目で

12億円ずつ5年間かけて分割払い
したとか。

 

巨人が父親に攻勢をかけている
という情報を聞きつけたヤクルト
も裏金10億円を用意していた

いう話もありますが。

 

家族の困窮を全額チャラに
してくれるんだったら
そりゃ巨人に行っちゃうか…。

スポンサードリンク

さいごに

巨人入団で借金60億円をチャラに
したとか、

一般人にとってはケタが違い
過ぎて、
本当にそんなことあるの?
って思っちゃいますけど、

片岡宏雄元スカウトはヤクルトの
名選手として活躍した

古田敦也さん、
池山隆寛さん、
広沢克己さん

などを入団に導いた敏腕。

 

話の信ぴょう性は高そうな印象
もあります。

出典

スタープレーヤーとして長く
活躍を続けた高橋由伸さん。

 

ケタ違いの話もスター伝説
として、
この後も長く語られていくかもしれ
ませんね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
テツヤ
テツヤ
テツヤといいます。 北海道在住のライターです。 珠算の有段者というのが唯一の自慢。 でもお金の管理が苦手で 妻に「意味がない特技」と言われてます…。