相撲

貴闘力の生い立ちは?父親もギャンブル依存?現役時代?引退理由は?

現在、ユーチューバーや
タレントとして活動している
元大相撲力士の
貴闘力忠茂さんは。

2010年に角界を揺るがした
野球賭博問題で相撲協会を
解雇されています。

 

貴闘力さんは後にギャンブル漬けの
生活だったことを告白していますが。

父親もギャンブル依存症だったのだ
そうです。


出典

中学卒業後、相撲部屋に入門したのも
父親と離れたい思いもあったといい
ますが。

なぜ貴闘力さん自身もギャンブルで
身を持ち崩すことになったのか。

今回はそのあたりについて
調べてみようと思います。

貴闘力の生い立ちは?

貴闘力さんはお金に苦労した
子供時代
を過ごしていたようです。

 

父の借金のために家族は取り立てに
追われる日々で。

借金取りが家に来たり、電話が
なりっぱなしだったり。

「家に差し押さえの
シールをばんばん貼られてね」

 

何の借金だったのかは後述しますが。

取り立てから逃れるために小学校を
6、7回転校しているのだとか。

 

そんな生活に嫌気が差していた
貴闘力さんは
「おやじから離れたい」
小学校高学年の時に興味をひかれた
という相撲の世界に飛び込むことを
考えます。

 

その時は元横綱・貴乃花光司さんの
父として知られる、元大関の
貴ノ花利彰さんに入門を願ったそう
ですが。

 

日本相撲協会には中学を卒業しなけれ
ば入門できない規定があり。

その時は貴ノ花さんにも
「(中学を卒業する)
3年後においで」

と言われたのだとか。

 

そして、貴闘力さんは中学を卒業後、
現役を引退して藤島親方となり
部屋を開業していた貴ノ花さんに
改めて入門
しました。


出典

中学校の時の貴闘力さんは3年生の時
に柔道で全国大会に出場していますが。

柔道を始めたのは2年生の時だ
そうですから。

プロスポーツでやっていく才能にも
恵まれていたようです。

貴闘力は父親もギャンブル依存症?

貴闘力さんの父親になぜ借金が
あったのかというと。

父親はギャンブル依存症だった
そうです。

 

家の中ではギャンブルが空気のように
当たり前のような感じだったのだとか。

 

ギャンブルをする父親から離れ
たくて相撲の世界に入ったはずですが。

結局は自らもギャンブルにハマり、
相撲界を追われることになって
しまいます。

 

関取になる前に先輩力士から
頼まれた馬券購入のため、よく
場外発売所に行ったそうですが。

もらった駄賃で自分でも馬券を
購入するようになり。

当初は軽い気持ちだったようですが、
それがどんどん深みにはまってしまう
ことになったようです。

 

貴闘力さんの述懐によると十両に昇進
した際に、ギャンブル漬けとなる
決定的な出来事があり。

力士が関取に出世すると、土俵入りの
際などに身に付ける化粧まわしが
必要となり、
その資金は故郷の後援会などが集める
例が多いようですが。

父のギャンブル依存症の影響で
小さいころから転々としていた
貴闘力さんは頼れる故郷もありません。

 

何人もの知り合いに頭を下げて
400万円を集めたそうですが。

それを預けていた知人に持ち逃げ
されたそうで…。

 

窮地に立たされた貴闘力さんは
手持ちの10万円を持って大井競馬場へ。

そこで大当たりして400万円の資金を
つくります。


出典

ピンチを脱した貴闘力さんですが、
この出来事により「自分は特別」
と思い込むようになったようで。

関取となり高収入となったことも
あり賭け金も増えていき、
ギャンブルの深みにどんどん
はまることになってしまいます。

スポンサードリンク

貴闘力の現役時代は?

貴闘力さんの現役時代は関脇が
最高位です。

 

横綱、大関にはなれませんでしたが
幕内での優勝が1回あります。

 

2000年の春場所。

32歳で力の衰えを指摘されることも
多くなり幕尻となる前頭14枚目まで
番付を落としていましたが。

この場所は初日から12連勝を
マークして、首位争いを独走。

 

横綱の曙、武蔵丸に敗れて2敗を
喫しましたが通算13勝2敗で、
大相撲史上初となる幕尻による
幕内優勝を果たしました。


出典

闘志むき出しのスタイルで横綱、
大関にも真っ向勝負を挑み、

特に横綱の曙太郎さんからは7個の
金星を奪うなど上位キラーぶりを発揮。

 

そして、19年半にわたる土俵人生で
休場は一度もなしという敢闘精神も
相撲ファンを魅了しました。

 

しかし、プライベートでは競馬、
ボートレース、麻雀などで、息抜きの
レベルではないギャンブル漬けの生活
を続けていたようです。

貴闘力の引退理由は?

貴闘力さんは2000年春場所の
幕内最高優勝をピークに、
その後は幕内の下位と十両を往復する
力士生活となります。

 

そして十両11枚目だった2002年
秋場所の負け越しで幕下陥落が
確定的となったことで現役引退
表明。

 

大嶽を襲名して親方となりました。

 

大相撲は十両以上なら
年収1000万円以上となる給与が
ありますが、
幕下以下の力士は年に6回、
場所手当が支給されるだけで。

幕下力士は1回につき
16万5000円なので、年間では
99万円にとどまります。

 

そのため、大活躍した力士が
全盛を過ぎて幕下に番付を落としたり
すると、生活する収入が得られない
ため引退する例が多いようです。

 

貴闘力さんも引退会見では
「悔いがないと言えばうそになるが、
力が落ちた。仕方ない」
と、体力の限界が理由であることを
語っていました。

 

しかし、大嶽親方となってからも
現役時代に手を染めたギャンブルは
やめられなかったようで。

2010年には野球賭博への関与が発覚。

 

貴闘力さんと当時、大関を張っていた
琴光喜啓司さんは解雇処分を受け、
相撲界を追われることになってしまい
ました。

スポンサードリンク

さいごに

貴闘力さんは2018年に
日本テレビ系バラエティー
番組の「ナカイの窓」に出演。

 

ギャンブルでつくってしまった
借金のMAXは2億円だったことを
明かしています。

 

ちなみに1日で負けた最高額は
8000万円くらいということです。

 

貴闘力さんは講演会などで
ギャンブル依存症の怖さを語ることも
ありますが。

自身もまだ完全には克服していない
ようで、競馬のGIレースに手を
出したり、

韓国のカジノなどに出向くこともある
ということです。

 

貴闘力さんによると勝ったお金で
何かを買いたいとか、物欲があるわけ
ではないので。

お金が増えたとしてもそれを元手に
またギャンブルをやるだけ、という
繰り返しだそうです。

 

これは娯楽やストレス発散といった
レベルではないですよね。

 

貴闘力さんのことを調べてみると、
成功者と呼ばれる人でも身を持ち崩す
危険があるギャンブル依存症の怖さが
よくわかります。

貴闘力の現在の職業は?youtubeで角界の闇?収入は?焼肉店?
に続く。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
テツヤ
テツヤ
テツヤといいます。 北海道在住のライターです。 珠算の有段者というのが唯一の自慢。 でもお金の管理が苦手で 妻に「意味がない特技」と言われてます…。