野球

針金侑良(ゆら)の中学校やwikiは?父親は?宮本慎也の息子とプレー?

2020年8月2日にフジテレビ系で
放送されるスポーツバラエティー
「ジャンクSPORTS」に将来を
嘱望されている

中学生の野球少年、針金侑良さんが
出演します。

 

針金侑良さんは中学生の硬式野球
チーム、東練馬リトルシニアに
所属する左腕投手。

 

現在は中学3年生ですが身長は
190センチ!

 

球速もMAX137キロとすでに
プロ並みの数字をマークしている
ほか、打撃センスも注目されて
いるそうです。

 

番組には人気格闘家の那須川天心
さんの弟でキックボクサーの
那須川龍心さん、

また未来の横綱候補と言われる
豊田倫之亮、重村鴻之介さんと
一緒に出演。

 

「天才キッズSP」ということ
ですが、体つきはもうキッズとは
言えなさそう。

 

今後の成長が楽しみな逸材に関して、
現時点で得られている情報を
まとめてみました。
スポンサードリンク

針金侑良(ゆら)の中学校やwikiプロフィール

針金侑良さんのプロフィールです。
野球関連のメディアが取材した
動画もありますで合わせてご覧ください。

針金侑良プロフィール

【生年月日】
2005年度生まれ

【出身地】埼玉県戸田市?

【身長】190センチ

【体重】88キロ

【ポジション】投手

【投打】左投げ左打ち

【所属チーム】
戸二小ジャガーズ(小学)
-東練馬リトルシニア(中学)

【球歴】
2017年NPB12球団
ジュニアトーナメント出場
(東京ヤクルトスワーロズジュニア)

現在、中学3年生ですが誕生日の
情報はなく、2005年度の生まれ
としかわかっていません。

 

出身地も確定ではありませんが
埼玉県戸田市が有力かと思われ
ます。

 

現在プレーしている東練馬リトル
シニアは東京のチームですが、

小学校のころは戸田市に拠点を置く
戸二小ジャガーズに所属。

 

また、小学6年生だった2017年
にはプロ野球の東京ヤクルトスワ
ローズのジュニアチームに選出
され、

12球団のジュニアで日本一を争う
全国大会に出場していますが。

 

戸田市は東京ヤクルトスワローズの
2軍施設があるところですから、
その縁もあったのではないかと
思われます。

 

そして、
2018年に埼玉県で行われている
陸上大会の中学1年男子走り幅跳びで、

針金侑良さんという選手が
4メートル82の記録を残しており、
同一人物の可能性が極めて高そう。

 

針金侑良さんのように中学生から
硬式野球のリトルシニアなど
でプレーする選手は、

学校では野球部に属さず下半身強化
などを目的に陸上部に籍をケースが
多々あるそうですしね。


出典

記録欄には所属が戸田市立喜沢中学
ありましたのでこちらが、

針金侑良さんの通う中学校ではない
かと思われます。

スポンサードリンク

針金侑良(ゆら)の父親も野球選手?

針金侑良さんの家族はどうやら
野球一家のようで、

針金侑良さんが野球を始めたのも
「日大三高で野球をやっていた
父の影響」

ということです。

 

針金侑良さんの父は、日大三高野球部
で部長を務めている三木有造さんと
高校時代に同期という情報もあり。

三木有造さんは1993年に日大三高を
卒業。

 

同期には針金義雄さんという選手が
いたようなので、

おそらく、この方が針金侑良さんの
父親かと思われます。

 

日大三高は甲子園で春夏ともに
優勝経験がある名門中の名門。


出典

写真は2011年の夏の甲子園で
日大三高の優勝時のものです。

 

高校野球ファンにはおなじみの
ユニホームですね。

 

針金義雄さんが在学していたころは
甲子園に縁がなかったようですが。

高いレベルでプレーしていたのは
間違いないでしょう。

 

また、針金侑良さんが小学生の時に
対戦した相手チームの関係者の
ブログにもこのような記述が
ありました。

「戸二小ジャガーズに、
お孫さんがおられる針金さんが
ご挨拶に来てくださった。
この試合の主審を務めたご子息は、
小学生の頃、深川に住んでおられ、
元加賀でプレー、その後、日大三高
へ進んだそうだ」

 

文面を読み進めると針金侑良さんの
祖父も野球の世界に関わっている
ような感じです。

 

針金義雄さんご職業についての情報は
ありませんが、ブログにある

「試合の主審を務めたご子息」は
針金義雄さんのこと
だと思われますし。

 

少年野球の審判などで野球の世界には
関わり続けているのではないでしょう
か。

スポンサードリンク

針金侑良(ゆら)は東練馬リトルシニア所属

針金侑良さんは現在、東練馬リトル
シニアという中学野球の硬式チームで
プレーしています。

 

2018、2019年と全国大会の
ジャイアンツカップを準優勝
している強豪。

 

現在、北海道日本ハムファイターズで
活躍している杉谷拳士さんの
出身チーム
でもあります。

 

監督は元プロ野球の投手でオリックス、
楽天などで9年間プレーした徳元敏さん。


出典

そしてコーチ陣の中にも元プロが
3人
います。

 

通算2000本安打達成やゴールデン
グラブ賞10回受賞などで、
一流プレーヤーとして名高い
宮本慎也さん。

 

そして、西武、中日で大打者として、
こちらも通算2000本を放つなど
大活躍した和田一浩さん。

 

ロッテ、ヤクルトで投手を務めていた
田中充さん。

 

中学生のチームに元プロの指導者が
4人、しかも、通算2000本安打を
達成して名球会入りを果たしたのが
2人もいるとは。

 

これは将来のプロを目指す子供たちに
とってはうれしい環境でしょうね。

東練馬リトルシニアには宮本慎也の息子も

東練馬リトルシニアでは針金侑良さん
の1学年下に宮本恭佑さんという選手
がいます。

 

前述した元ヤクルトスワローズの
宮本慎也さんの長男です。

 

宮本慎也さんが東練馬リトルシニアの
コーチを務めることになったのも
この縁からでしょうか。

 

針金侑良さんと同じく小学6年時の
2018年にはヤクルトスワローズの
ジュニアチームに選出され、
12球団ジュニアトーナメントに出場。


出典

グループリーグ戦で勝利投手となる
などチームのベスト4進出に貢献
しています。

 

中学2年となった現在は身長が
180センチ近くとなり

来年はエースとしての活躍が
期待されるとのことで。

こちらも楽しみな逸材です。
スポンサードリンク

さいごに

針金侑良さんのセールスポイントは
なんといっても恵まれた体からの
角度あるストレート。

 

昨年までは制球に苦しむこともあった
ようですが、投球法などを見直すと
見違えるように良化したそうです。

 

先に紹介した動画を見ても課題という
コントロールとフィールディングに
しっかりと向き合って練習している
ようですし。

大器の匂いがプンプンします。

 

これから高校野球、そして夢の
プロ野球へ、

選手として花を開かせるのか、
注目していきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
テツヤ
テツヤ
テツヤといいます。 北海道在住のライターです。 珠算の有段者というのが唯一の自慢。 でもお金の管理が苦手で 妻に「意味がない特技」と言われてます…。